沿革

昭和55年05月

会社設立。資本金500万円。かいわれ大根の生産販売。

昭和58年10月

本社農場を蓮田市井沼330-2に新設。

昭和59年08月

蓮田農場を蓮田市蓮田1601に新設。

昭和59年08月

資本金2000万円に増資。

昭和59年11月

資本金3500万円に増資。

昭和59年12月

資本金1億4000万円に増資。

昭和60年09月

蓮田農場を拡張。

昭和63年10月

根なしもやしの生産に着手。

平成5年10月

もやし生産設備拡張(第一次)

平成6年4月

蓮田農場隣接地に試験研究ハウス新設。

平成7年1月

蓮田農場隣接地に試験研究作業棟新設。

平成7年5月

もやし生産設備拡張(第二次)

平成9年3月

乳酸菌かいわれの生産開始。

平成11年8月

生ごみ処理システム導入(コンポスト化)。

平成11年10月

もやし生産設備拡張(第三次)

平成12年10月

芽そばの生産に着手。

平成13年4月

ブロッコリースプラウトの生産に着手。

平成17年5月

かいわれ大根の栽培用培地を天然パルプに全面切り替え。

平成18年2月

もやし生産設備拡張(第四次)

平成20年2月

筑波大学と藻類から油を作る共同研究契約締結

平成20年6月

筑波大学と藻類から油を作る共同研究スタート

平成22年3月

本社を蓮田市蓮田1601に移転。

平成26年5月

そらまめ豆苗生産販売開始。